わんこと海Life

カテゴリ:寧々( 28 )




寧々その後

寧々さん、ご飯の量を半分以下にして、食前食後はバリケンで安静にして過ごしています。日曜の夜に死にかけたとは思えないほど、普通に戻ってます。
が、一時は捻転を起こしていたので、腸が腫れたり他の臓器への影響があるので、見た目普通でも本人が元気でも安静にしてます。
d0176417_14121004.jpg

今回の胃捻転は水のがぶ飲みが原因ではないかと思っています。
水でタプタプの胃が何かの拍子に回転してしまったのではと思います。
寧々は保護されるまでの環境のせいか、食への執着が半端なく、食べ方もガツガツしていて、食べるスピードも家で一番早いです。水の飲み方もひどくて、ガバガバ飲むので、これは胃捻転になりそうで怖いわーとうちに来たときに思っていたのが現実になりました。
うちにきて、ちゃんとご飯がもらえる環境だと分かればがっつかなくなるかなと思っていたのが、半年以上たってもガツガツのまま。すごい勢いで食べ終わると、チンタラチンタラ食べているアイザックのご飯横取りするので、すぐにバリケンに入れられていました。ていうか、アイザックもご飯譲らないで、怒ればいいのに、、、。寧々に横取りされると、すんなり明け渡し、わたしに目で助けを求めるヘタレ男子です。マロ様にはいかないとこ見ると、人(犬)を選んでやっているとしか思えません。
愛作:「シッコ中です。写真撮らないで、、、」
d0176417_14131417.jpg

床に落ちているものを食べる癖もひどく、誤飲もそのせいだと思います。これはわたしも悪く、オヤツを上げるとき手ごと食べるので、床に置いてあげていたので、床にあるもの=オヤツという図式が出来上がってしまったんだと思います。

誤飲による下痢と今回の胃捻転で体重がすごく落ちてしまい、30キロ→25キロになってしまいました。見た目、骨と皮で、毛の上からもあばらがわかります。
ご飯たくさんあげたいけど、胃を固定するまではいつ再発するか怖くてあげれません。しばらくは少量のご飯で少しずつ量を戻して行って体力つけないとね。。。
d0176417_14112131.jpg

がっつきと手を噛まずにオヤツを食べるようにするにはどうしたらいいんでしょう?
ゆっくり食べれる器も試したのですが、早く食べれないので更に急いで食べようとするせいか、息遣いが荒く空気をたくさん吸い込みながら食べてて、普通に食べるより胃捻転になりそうなので止めました。いい方法知っている方、教えてください〜。




by shirogoma99 | 2016-09-08 14:13 | 寧々 | Comments(4)

寧々、胃捻転になる(翌日編)

朝6時に家を出て、幕張の病院に7時すぎに到着しました。
もし、預かっていただいている間に急変があったら連絡いただき、手術していただくことになっていましたが、連絡がなかったので、大丈夫だったようです。

寧々がすぐ出てきましたが、歩けるし、そこまで衰弱していないようです。
そうはいっても、捻転をおこしたことで他の臓器にも影響があるし(昨夜は腹水がたまっていたようです)、なにしろあのような痛みに耐えていたらそれだけで体力消耗します。寧々は私の膝に顔を乗せてずっとくっついていました。不安だったよね。。。

その後、先生から説明があり、状況は変わらずとのこと。悪化はしていないが、良くもなっていないので、やはり手術が必要でしょうとのことでした。検査結果や診断書をいただき、かかりつけ医にふたたび戻りました。

かかりつけ医の病院に入ると昨日とは別の先生が寧々を一目みて、、「胃捻転じゃないよ。こんなにお腹ぺっちゃんこで」とおっしゃり、え??と思ったのですが、レントゲンをとるとなんと胃の位置も戻っていて、問題なしとのこと。
(とはいっても、腸もはれているし、やはり他の臓器への影響はありました)
念のため、レントゲンとCTもとり、血液検査しましたが、問題ないとのことで、手術をせずに点滴と薬で大丈夫になりました。
昨夜の応急処置のガス抜きで胸腔内の圧が変わり、胃の位置が戻ったのだろうとのことでした。
ただ、これはかなりめずらしいケースで、ふつうはやはり手術しないとダメだそうです。
「胃捻転じゃないよ」とおっしゃった先生も昨夜のレントゲン映像をみて、「あれはやっぱり胃捻転だったね。起こしていたけど、戻ったんだよ」「あの状態でよく死ななかったね。かなり危なかったよ」とおっしゃりました。
レントゲン写真を見た先生方は口々に「良く助かったね」とおっしゃるので、やはりかなり危ない状態だったようです。
そして、胃の位置が治るのはかなりまれなのでそれもラッキーだったようです。

その後、皮下点滴をして、胃腸の動きをサポートする薬と昨日針を刺したので、抗生剤を5日分いただき、帰りました。
昨夜あんな状態だったのに、家に帰れるなんて思いませんでした。

家に帰ると寧々はおしっこして、薬入りの缶詰ごはん(消化器サポート)をほんの少量たべて、寝ました。
昨夜はあまり寝れなかったようで、家で安心して寝ています。
ああよかった~と思ったのですが、昨夜静脈導入でつけた包帯がない、、足についていたのに。たべました。こんな状態なのに、はがして食べました。
慌てて病院に連絡すると、この状態で吐かせる処置をするのは危ないので、たぶん下から出てくるからそのままで大丈夫とのこと。よかった。。。大事にいたらなくて。
安静のためと誤飲予防でバリケンにいれていたのに、足の包帯を食べるとは。。。

今回は本当にラッキーでした。でも、一時は死にかけてました。あと数分処置が遅かったら、亡くなっていたと思います。
今回は電話してから病院に向かいましたが、いま考えるとその時間も惜しかった。ともかく、車に乗って、移動しながら電話すればあと5分は早く着いたかもしれません(運転中の電話はこの際、目をつぶっていただくとして)。

あと、口からホースを入れてガスを抜きながら病院に向かうといいと聞いたことがありましたが、捻転していたら今回のように胃の入り口が塞がっている可能性もあるので、プロに任せたほうがいいと思いました。病院の先生でもホースを入れるのに苦労していたので、素人は手出しをせずに病院に向かうのが一番かと思いました。
それと、お腹が膨らんでから病院に向かうのでは遅いので、怪しい行動が続いたら早めに病院に行くほうがいいですね。20分でお腹がパンパンになるのを見ると、膨らみ始めてからでは遅いです。胃捻転の判断の目安で、ご飯や水を飲めれば可能性は低いというのも、、、寧々に関して言えば、おかしくなってからもフードを食べたので、あまり判断基準にしないほうがいいかもしれません。
いつも一緒にいる飼い主が、おかしいなと思ったら、やっぱりおかしいんだと思います。ともかく、早め早めの行動をお勧めします。1〜2分の差が命取りになると痛感しました。

今回も写真なし、長文ですみません。。。
寧々さん、今日はウンPが出て、口からおしりまでが繋がって一安心です。





by shirogoma99 | 2016-09-06 20:19 | 寧々 | Comments(0)

寧々、胃捻転になる

この1週間くらい寧々がヒートのようなそぶりをして、マロもアイザックもお尻の匂いをしきりに嗅いでいたので、昨日病院につれていきました。今年1月に保護された時に、子宮蓄膿症が破裂して緊急手術して摘出していたのですが、卵巣が残っているということで、腹腔鏡で摘出することになりました。ヒートの初期なので、10月に入ってから手術ということで昨日はなにもせずに家に帰りました。
寧々さん、病院にいるあいだ水をまったく飲んでいなかったようで、家に帰ってから相当な量をがぶ飲みして心配していました。(うちは3匹分なので、かなりの量の水が水入れに入っています)。
しかし水ゲボすることもなく、夕方の散歩に行き、戻って1時間くらいしてから夜ごはんを7時頃ふつうに食べました。

異変に気付いたのは9時前くらいからです。落ち着かない様子で、何度も座っている場所を変えていました。
あまり無い行動なので、あ~やっぱり水飲みすぎたから気持ち悪いのかな~と思っていました。
その後、落ち着かない様子が頻繁になり、周期的に「ひゃひゃーん」と鳴き、苦しげにクルクル回ったり、立ったり座ったり、伸びをしたりを繰り返していました。
このあたりから、あれ?ちょっとおかしいなと思い始め、胃のあたりを触って確認するもふくらみはなく、歯茎もいつもの血色でした。でも、心配だったので胃腸の働きを助けるモサプリド錠をふやかしたフードの中にいれて少量あげました。フードは即食べたので、胃捻転ではないと少し安心したのですが、周期的な行動が収まりません。

ついに10時30分ごろに空ゲボを繰り返し始めました。おなかも詰まった下水のようなゴボッゴボッという音がしていますが、何度も吐こうとしているのに胃液すら出てきません。ここで、「胃捻転だ!」と思い、病院に電話しすぐに連れていきました。
家を出る時点ではお腹のふくらみはないものの、エヅクようなかんじで吐こうというしぐさが頻繁でしたが、車で20分で病院に着いたらお腹が見た目にわかるくらい膨らんでいました。
胃捻転の疑いがあるときは必ず腹部を触るようにしていましたが、目視で簡単にわかるくらい相当なふくらみ方でした。わずか20分の間にこんなになるとは、、、という思いと、かなり状況がまずいという思いの中、夜間担当の先生にすぐにレントゲンを撮っていただくと、ありえない画像がうつりました。お腹の中がガスでいっぱいで真っ黒で相当膨らんでいました。
お腹全体が胃になっているというかんじでした。
先生もこれはまずいということで、すぐにお腹に針をさし、胃のガスを直接シリンジで抜く作業をしましたが、通常のシリンジではやってもやっても追いつかないぐらいのふくらみかたで、すぐに巨大なシリンジに変更して、何回抜いたかわからないくらいひたすらガスを抜いていただきました。

この処置の間、寧々の状況はあっという間に悪化しました。。。
病院についた時は自分で車を降りて歩けていたのに、歯茎は真っ白、目は開いていますが、どんどん光が消えていくのです。
目の光が消えるのは、なんと表現して良いのかわからないのですが、見ていて、、、ああ、行ってしまうとわかるくらいはっきりと生命の光が消えていくのです。
先生も「やばい、心臓とまっちゃうかも。あぶないです」とおっしゃり、ひたすらガスを抜いてくださいました。(あとで聞きましたが、ここまでお腹が膨らむとショック状態になり心臓が止まって亡くなってしまうそうです)
その処置をひたすら続けることで、お腹の拡張が収まってきました。それとともに、歯茎の色と目の光もすこしずつ戻ってきました。レントゲンを撮り直すとまだガスが残っていて、胃の位置もおかしいので、針を刺す位置を変えてガスを抜こうとしますが、胃に残っていたフードが針とチューブに詰まって抜けなくなり始めました。
心電図も取り、不正脈は出ていませんでしたが、このままでは、あぶないので、24時間対応の幕張イオンの動物病院に行くことを勧められ、行くことにしました。行く前に、バイトリルといくつかの注射をしました。胃腸を動かす薬と抗生剤だったと思います。
病院から幕張まで車で30分です。この間にまたお腹が膨れてくる可能性があります。
家からかかりつけ病院の20分であんなに膨らんだので、30分は持つかわかりません。
先生もそれを心配して、胃からガスを抜くように鼻と口からチューブをいれてガスを抜けるようにしてくださったのですが、どちらもチューブは入るのにガスが抜けてこないので、この方法は無理だということで、そのまま移動することにしました。

夜12時移動開始、ガラガラの高速でしたが、やはり30分かかりました。幕張についても、お腹は膨らんでいません。よかった。。。
お腹がぺちゃんこなので、病院の先生にも、「あれ?この子ですか?」と言われましたが、レントゲンをとるとやはりまだおかしい状態でした。
胃の位置がおかしく、胃の上部に腸のようなものがみえていることから判断すると、胃が90度回転した状態で、胃の上部はねじれて詰まっていて、胃の下部はガスが抜けているのが映っているとのことでした。
だから、鼻からも口からもチューブいれてもガスが抜けなかったんだ。。。

血液検査の状態から貧血の値は出ているもののそこまで悪くなく血小板の値も悪くないので、ここまでの移動でも拡張していないから明日の朝にかかりつけ医でも大丈夫かもしれないということで、夜は幕張で預かって点滴をしながら様子を見ていただき、朝また迎えにいくことになりました。(本来ならすぐに手術ですが、私がかかりつけ医で働いていることなどを勘案してこの判断になりました)
この時点で夜中2時、お迎えは8時と言われましたが、高速渋滞するから家を6時に出ることから逆算すると、朝の他の子のお世話もいれると、寝る時間ない。。。(幕張から家まで1時間かかります。同じ県内なのに、、、)
家に帰る意味はあるのかと思いましたが、他の子のお世話があるので、一度家に帰ることにしました。
帰りの高速はこれまたが~らがら、ゴーカートを運転しているかのように簡単な運転でした。家に着いたのは3時、きしょうは4時半なので横になりましたが、寝れませんでした。
長くなるので、次回につづく、、、長い文章、写真なしですみません。今後、胃捻転になるわんこのために備忘で残します。





by shirogoma99 | 2016-09-05 20:30 | 寧々 | Comments(0)

寧々、再び下痢する

ああ、もうこのシリーズ止めにしたい。。。寧々のカテゴリーは病気日記になっています。

誤飲から2週間、ウンPも調子いいし、食欲もあり、いつもの生活に戻ったと思ったら、また下痢です。

食後のケージの中でドロドロ系の下痢しました。
翌日は良いウンチでしたが、その翌日はまた下痢、、、、。
もしかして、誤飲したストラップが残っているのか?

ということで、絶食で病院へ。2時間待ちの間にも下痢しちゃいました。ま、そのおかげでフレッシュなウンチを検査してもらえました。
ウンPに細菌などはなく、レントゲンやエコーでも怪しいものは見つからず、血液検査でもCRPが高くなく、、、、。ただの下痢の可能性高いとのことです。
大腸炎を起こしているのは間違いなく、膵炎の可能性も疑いましたが、それもなく、、、。嘔吐も無く、食欲はあるので、腸に詰まっている可能性は低いとのことでした。

皮下点滴と下痢止めと抗生剤の注射をして帰ってきました。
朝8:30にでて、家に帰ったのは14:00です。長かった〜。
長かったけど、病院併設のドッグカフェにいたので、
涼しく過ごせました。絶食の寧々には悪いけど、アイスコーヒーとクッキーを頂き、のんびり読書してました。
d0176417_16154014.jpg
寧々ものんびりしてます。
d0176417_16152724.jpg
お散歩中に犬や人を見かけると行きたがって大騒ぎするので、どうかなぁ、、ダメだったら退散しようと思ったのですが、こういう場所ではとても良い子に大人しくしてました。
絶食で元気が無かっただけ?
ともかく、お腹治してくれー!






by shirogoma99 | 2016-07-07 16:18 | 寧々 | Comments(4)

寧々ついに誤飲する

寧々さん、スリッパを抱えこんだり、無機物をかじったりするので誤飲に気をつけなくては、、、、と思っていたら、遂にやりました。

雑誌の付録でついていたお散歩バッグのショルダーストラップを全部たべました。
お散歩から帰って、モモさんのみ単独散歩に行って帰ってきたら、いつもギャン吠えの寧々が静かにしてます。
アヤシイ、、、ヤバいよヤバいよ〜(出川風に)と慌てて家に入ると、残り1センチくらいのストラップをムチャムチャ噛んで引っ張っている最中の寧々が、、、、。
取り上げると、バックはこんなことに。
d0176417_15295998.jpg


ショルダーバッグなので1メートル以上あったストラップがなくなってます。
d0176417_15301426.jpg

ウーン、どうしよう。ウンチで出るかなぁと思い、様子を見ることにしたのですが、、、それがまずかった。すぐに病院に行って吐かせる処置をして貰えば良かったのですが、そのまま様子見てしまいました。これが金曜夕方の話です。
その後、ウンチは出るけど、ストラップは出て来ず、、、。本人はいたって元気で食欲もあり、ウンチもいいのが出ているので、そのまま様子を見ていました。

↓下痢する前の朝ンポ。
ジジ、姉の旦那さん、甥っ子の男子チームでプリンスを楽しくお散歩してました。
d0176417_15315777.jpg
d0176417_15353270.jpg

日曜の昼に下痢をしました。すると、その後、下痢がドンドンひどくなり、したばかりなのに下痢の繰り返し。お外に出すのも間に合わず、家はうんまみれ。
何度も踏ん張るのですが、あまり出て来ず、ポタポタ状態です。この時点で夜でドラッグストアはかろうじて開いていたので、人間のオムツを買い、尻尾の穴を開けてはかせました。夜中も何度も下痢で、その度にオムツを替えて、、、人間も犬もグッタリです
d0176417_15324690.jpg

翌日も下痢が続いて、明らかにいつもの下痢と違うので病院に連れて行きました。
レントゲンを撮ると、胃に紐のような影が、、、ギャー。
ストラップの素材が柔らかいナイロンだったので、先生の判断で吐かせれば、出るかも、、、ということで吐かせる処置をしていただくと、、、出ましたー!
30センチくらいの長さが1本と15センチくらいが1本。でもショルダーは1メートル以上はありました、、、のこりはどこに?
胃にはもう何もないので、腸の方に流れているかもということでしたが、本人元気で食欲もあるので、様子を見て変化があれば、翌日に別の処置をすることになりました。

結果、下痢も治まってきて、ごはんの量が少ないのでいつもより若干元気がないかなという程度で非常に元気なので、様子を見ることに2日目、ついにいつもの良いウンチがでました。回数も1日2回か1回でいつもどおり!多分、大丈夫そうです。
もし、腸に詰まれば、ウンチが出ないし、ゲェゲェ吐くということなので、、残りのストラップは細く噛んで食べて出てしまったと信じたい。でも、見る限り出てないんですよねぇ。どうなんでしょう?
まだ、少し様子を見る必要がありそうですが、大分落ち着いてきました。

良かった〜と思っていたら、今日庭にシッコに出した時に、ウンチ中のアイザックのブツを肛門からそのまま食べてました。ギャー!!アホー!!
やっと良くなったのに、懲りてないし。しかも、肛門から食べるって?
アイザックはさすがに嫌がって、ウンチが途中で止まってしまいました。
ううーん、食に対する執着はすごいものがある寧々ですが、訓練で治るのかな?
すっごい勢いで怒っても効き目なしです。というか、食べ物じゃないものを食べるのってなんなんでしょう?ちなみにお散歩バッグにオヤツなどは入ってなく、ウンチ袋とティッシュだけだったのに、ストラップを食べていました。
はぁ、困ったもんだ。

ところでアイザックはお腹だけサマーカットという名の虎刈りにしました。
すっかりスリムになったアイザック、アヒルちゃんにご挨拶してます。かわええー
d0176417_15372959.jpg




by shirogoma99 | 2016-06-23 15:33 | 寧々 | Comments(0)

寧々の抱えているもの

寧々、またの名をネッピー、ネピダ、ネピ田ネピ男、、、。
女子なのに、ドスのきいた吠え声、寝相はうちのワンコで一番悪い。
バニだけど、お腹は丈夫でウンはいつも固い。
なんだか、男らしくて病気なんかなさそうですが、いろいろ抱えています。

↓マッチ売りの少女寧々
d0176417_14570905.jpg

まず、乳腺腫瘍が二つあります。乳腺腫瘍は細胞診で判断がつきにくいということ、1月に手術をしたばかりなので、どう対応するか先生と相談していました。
そんな矢先、ネピダに変化が、、、なんかうっすら血が出ていて、ヒートのような素振りがあります。マロ様にしきりに迫るので、マロ様はグルグル唸って怒りますが、KYネピダはしつこく迫ります。夜中に突然目を覚まして、マロ様に迫るので、マロも人間も寝不足でした。まさかねーと思いつつ病院で検査してもらうと、ホルモンの数値がヒート中であることを表していました。
1月の緊急手術は子宮蓄膿症が破裂して癒着を起こしていたので、取りきれていない部分があったのではないかという診断でした。腹腔鏡で摘出する方向で話を進めていたところ、今度は左前足に急にシコリが出来ました。

↓かかとのすぐ上にシコリがあります。
d0176417_14574186.jpg

毎日足拭きをしているので、気づかないはずがないと思うのですが、急に大きくなったみたいです。急に大きくなるシコリはあまり良いものではないので、またまた病院に行きました。
ワクチンシーズンの病院は激混みで診察まで2時間以上かかりました。
病院で組織を染色して、レントゲンも撮ってもらいましたが、骨までは影響しておらず、染色したものは炎症のようだということでした。専門の業者に細胞診もしてもらいましたが、やはり炎症の可能性が高いとのこと。その一方で悪性腫瘍の可能性もあり、細胞診では判断できないとのこと。

麻酔してシコリをとり検査に出す生検を行うことにしましたが、麻酔をかけるなら一緒に卵巣摘出と乳腺腫瘍摘出もできないか検討してもらっています。

↓大股開きで寝る女子
d0176417_14595052.jpg

本人はいたって元気なので、その点は良かったのですが、、、、
今度はバニーズ2匹揃ってゲーリーになりました。
d0176417_14584098.jpg

お腹の強いネピがまずケージでゲーリーになりました。ケージの壁も、前の日に新調したコストコのベッドも下痢まみれ。。。
仕事に行く前に、ケージとベッドとネピダを洗いましたよー。
翌日、アイザックが急にペロペロしだし、おかしな動きをしだしたので外に出したら草を牛のように食べます。気持ち悪いようですがm草を食べてもゲッゲが出ず、苦しそうです。
翌日も草を食べまくり、夜中から早朝まで外ですごし、朝方にゲーリーでした。

2匹とも原因不明です。困ったもんだ〜〜。
アイザックは今は少し落ち着いて寝てます。病院の診察待ちも負担がかかるし、脱水状態まで行ってないので、病院でもらっておいた薬を飲ませて様子を見ています(泣)

ザッシューズのマロとモモはいたって元気です。ザッシュは強いな。





by shirogoma99 | 2016-05-20 14:59 | 寧々 | Comments(2)

股の間は特等席

わんこって人間の股の間が好きですよね~

マロは冬の朝方、寒くなると私の股の間に入り込んで寝ます。すごい大股開きで寝ている支配人は股関節がおかしくなりそうです。寧々も座っている私の股の間に入り込んできます。
d0176417_11124403.jpg
寧々はすっごい甘えたさんで、ともかく人に体をすりよせてきます。そばで寝てると落ち着くみたいで、よく人とソファーの間に入り込んで寝ています。
撫でてほしいときは、前足でチョイチョイと触ってアピール。途中で撫でている手を止めると、またチョイチョイ攻撃。。。

寧々:「ここが落ち着くのよね~、幸せ~♪」
d0176417_11131469.jpg





by shirogoma99 | 2016-02-26 09:29 | 寧々 | Comments(0)

ねねのストライキ


困った。。。。ねねが散歩中に歩かないのです。お散歩嫌いなバーニーズの話はよく聞くけど、、、、本当に歩かないんですね。
ひどいときは家を出たとたんに歩かなくなり、こうなると梃子でも動かないです。

↓情けないお顔でピタリと止まると、、、その後は動き出すまで大変!
ねねさん、目の周りの毛が茶色くなっていてお婆さんのようです。本当に4~5歳なのかな?という老けた表情です。
d0176417_10573192.jpg
↓こうなると引っ張っても動かない。。。
寧々:「い~やぁ~~~~」
d0176417_10592924.jpg


最初はお散歩に慣れていないせいだと思っていましたが、うちに来て3週間たつので、慣れていないというよりお散歩嫌いなのかも~と思ってきました。

さすがバニ。忍耐強い反面、頑固だから動かないといったら動かない。マロなどは動かなくても、ちょっと引っ張るとあきらめて歩き出すんですけど、ねねは引っ張ったら首輪が抜けるまで引っ張っても動かないです(泣)

20分くらいの散歩道に1時間くらいかけて、なだめすかしながら歩いています。
もしかして足が痛いのか?とも思ったのですが、庭や家の中ではダッシュ&ハイジャンプでテンション高く動いているので足が痛いわけではなさそうです。うちは田舎なので道もほとんど土の道だから、アスファルトが嫌とかいうわけでもなさそうです。

マロと並べて歩かせると比較的歩くので、片手にマロねね、片手にアイザックでいっています。こうしてみるとマロは寧々よりひとまわり小さいです。寧々に肉がついたら追い越されるね。
d0176417_11010718.jpg

食後もワチャワチャ動いてしまうので、胃捻転予防で寧々だけバリケンにいれていますが、このひと時だけはアイザックの憩いのときです。ここぞとばかりに、取られていたおもちゃを自分のまわりに集めています(笑)後ろの方に小さく見える白いバリケンに入っているのが寧々です。
d0176417_11015001.jpg
しかし、お散歩してくれないと筋肉もつかないし、ここであきらめたら散歩しなくなってしまうと思い、1時間かかってもゆっくりでも、とにかく散歩に行っていますが、、、、なにか良い方法ないでしょうか。
アイマローズもトロトロ歩いたり止まったりの散歩に飽きてきています。困った。。。。





by shirogoma99 | 2016-02-24 11:03 | 寧々 | Comments(2)

2度目のシャンプーとNewお洋服

うちに来た翌日にシャンプーしてから2週間たったので、ネネの2度目のシャンプーをしました。耳の治療してから身体の臭さは大分解消したのですが、どことなく臭い。。。。
ということで、2時間コースで洗いました!
d0176417_19220254.jpg

前回の初シャンプーに比べるとキレイキレイ!1度目で泡立ちました。
耳掃除して、肛門腺絞って、2度洗いです。栄養状態が悪かったからなのか、毛の量が少ないです。アイザックの1/3か1/4くらいしかありません。
濡らすとガリガリちゃんです。お風呂場の湯気で曇ってムーディーな写真になっちゃいました。
d0176417_19222527.jpg


ドライヤーは暖かくて気持ちいいのかへそ天状態で乾かせるので楽チンです。乾いたら、、、、ジャーン!!
d0176417_19230196.jpg

りゅうのすけハウスさんで作ってもらったお洋服&首輪とリードだよーん。毛に埋もれて見えませんが(笑)名前入りの首輪とリードは花柄です。首輪の裏には携帯番号も刺繍してもらってます。寧々が万が一脱走したら、帰巣本能はゼロだから迷子札とともに、安全のため入れました。
d0176417_19232758.jpg


いままで基本、犬に服は着せない主義でしたが、薄毛の女子チームは寒いみたいなので、服を着せることにしました。特にネネは毛の量が増えるか、春になるまでは服が必要そうです。夏は毛刈りが必須のアイザックの毛量を分けてもらいたいねー。
あ、マロさんもダブルコートだから下毛を分けてもらいたいねー。
d0176417_19235721.jpg




by shirogoma99 | 2016-02-18 19:24 | 寧々 | Comments(6)

ねね病院へ行く

ネネを連れて病院に行ってきました。ワクチンやフィラリアシーズンじゃないのに、混んでたよー(泣)
いつもアイザックの診察時は暴れて大変なので、写真は撮れないと思って持って行かなかったら、大人しくてすごく良い子で写真とれたなぁー、失敗した。
ということで、写真は全く関係ないコタツで寛ぐネネと庭のネネです。

保護時の診察で耳ダニと便の虫がいないこと、フィラリア陰性なのは聞いていたのですが、耳をすごく痒がって、耳掃除してもすぐに赤黒い耳垢がでてくるので、見ていただきました。それと、混合ワクチンもうってきましたよ。
↓白目で寛ぐネネ。りゅうのすけハウスのオマケのオモチャが宝物で常に近くに置いてます。カワエエ〜
d0176417_15105731.jpg

結果、耳ダニなし、便虫無し、フィラリア陰性、血液検査も問題なし。
耳はマラセチア菌がたくさんいたので、点耳薬で対応することになりました。
乳腺腫瘍があるので、それも見ていただきましたが、レントゲンを撮って肺への転移などはないことを確認しましたが、小さいものは写らないので、今度CTも取るかもしれません。何しろ、子宮蓄膿症で摘出手術をしてからまだ1ヶ月たっていないので、摘出はすぐにはせずに、大きさなどを経過観察することになりました。乳腺腫瘍は細胞診の正確さがあまり高くないらしく、細胞診はしませんでした。

ついでに全身のレントゲンも撮っていただきましたが、これも大きな問題なく、股関節も問題なし。歩きざまがおかしいのは、散歩したことがないからだと思ってましたが、膝が悪いかも、、、ということで次回診察時にこちらも診ていただくことにしました。
↓写真でも分かるでしょうか。変な歩き方。呼んだら来たよ〜!
d0176417_15130412.jpg
↓でも、オモチャをゲットしてすぐに戻って行ったよー!
d0176417_15143141.jpg
体重は30キロ。少し痩せてるので、あと3キロくらい増やしたほうが良いようです。
体重増やすのは、アイザックの時に苦労したから、やり方はたくさんあります。ふふふー、ネネ太ろうねー!

次は1週間後に耳の経過と膝を見てもらい、3週間後に2回目の混合ワクチンです。今までワクチンを打っていたかわからないので、念のため複数回打ちます。頑張れ、ネネ。





by shirogoma99 | 2016-02-12 15:19 | 寧々 | Comments(0)

海の近くで暮らすマロとアイザックのドタバタ生活
by shirogoma99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

アイザックの病
at 2018-07-30 20:36
寧々、初七日
at 2018-06-18 13:03
ねねの旅立ち
at 2018-06-13 23:11
祝アイザック8歳
at 2018-04-17 20:18
お友達に吠える寧々(T ^ T)
at 2018-01-13 17:29

検索

最新のコメント

うわー、ひなたママ様、す..
by shirogoma99 at 10:15
お久し振りにおじゃまして..
by ひなたママ at 08:54
A子様、コメントありがと..
by shirogoma99 at 21:55
寧々さんのひらき! 安..
by Aコ at 01:46
本当にガリガリなんです(..
by shirogoma99 at 21:24
傷口も痛々しいし、何より..
by 犬太朗母ちゃん at 20:24
手術するとガクッと体重落..
by shirogoma99 at 20:54
写真をみていて、心が痛み..
by さち at 14:25
犬太郎母様。素敵な情報あ..
by shirogoma99 at 16:01
さち様、 元気玉しかと..
by shirogoma99 at 16:36

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧